DEEPにVTuberを考える

VTuberが好きな私が色々と書きます。

生放送の話

こんばんわ、ヴェンデッタです。

寝不足なのかわからないですけど今日は一日頭が痛かったです。

まぁいっつも書き始めるの遅いですからね、でも色んな動画や生放送見たいですし・・・。

 

 

 

・みんな生放送してる

f:id:vendettavtlooker:20180329225616p:plain

「カィナ」神格バーチャルYoutuber より

www.youtube.com

昨今のVTuber界隈ではいっつも誰かが生放送してるように感じますってかしてますよね?

まぁ動画編集しなくていいし収益化のための再生時間も稼げるっぽいし何よりリアルタイムでリスナーと交流できるのって楽しいじゃないですか。

この流れだと生放送disみたいな感じしますけど、今回は生主体で活動したいって人向けな記事を書いていこうと思います。

 

 

 

・長さはどれくらいか丁度いい?

f:id:vendettavtlooker:20180329230310p:plain

/ ODDAIオッドアイ より これはきっと悪い例

www.youtube.com

これは人それぞれではあるんですけど、生放送を流している間って基本的に視聴者を画面にくぎ付けにして拘束するようなもんだと思うんですよ。

特に雑談ではなく、ゲーム実況などになると画面から目を離せなくなるじゃないないですか。

そうなると長時間放送をするのはお互いに疲労が溜まっていってよくないんじゃないかと思います。

でも「今回はここまで!」って台詞が聞こえた時「もう終わり?もっとやってよ!」って気持ちになるじゃないですか?

じゃあ長すぎず短すぎず丁度いい長さってどれくらいなのかって話なんですけど、30分~2時間の間が丁度いいと個人的には思います。

ラジオ形式の雑談は30分~1時間、ゲーム実況は1時間~2時間ぐらいの長さがいいんじゃないでしょうか?

そして重要と思うポイントはダラダラ延長しない、これはホントに大切だと思います。

大体1時間の放送を予定に開始して「明日休みだしもっと話したいしゲームしたいし延長しようかな」とちょっぴり延長するのはまぁいいと思いますけど、それが2時間3時間と伸びるとダレてグダグダになります。

そんな動画のアーカイプを丸上げしまくって、初見の人が上のアーカイプの山みたいな状況をを見た時に見たくなるのかっていう話なんですよ。

リスナーが「もうちょっと見たかったから次回も楽しみ」って気持ちになるような内容と長さが心がけるのがベストじゃないでしょうか?

まぁ素人がいきなりその域に達したらエンターテイナーの仲間入り出来ちゃうレベルなんで、まずは変に長い放送を始めないってことを気を付けてもらえればいいと思います。

 

 

 

・どんなゲームが向いてる?

f:id:vendettavtlooker:20180329233851p:plain

お姉ちゃんねる より「ルールふわふわ麻雀大会」

www.youtube.com

ゲーム実況を生放送でしていく場合、どんなゲームが適しているかなんて考えたことありますか?

普通の動画配信とは違い、編集であまり動画映えしない部分を飛ばしたり長いロードが挟んでテンポが悪くなっている部分を消したりできないので、先に少しゲームを触ってみてどんな風なのかを下調べしてからチョイスしていくのがベターでしょう。

人気ジャンルはホラー等のプレイヤーのリアクションが楽しめるもの、ホラーではないですが「Getting over it」も似た理由で人気なゲームです。

f:id:vendettavtlooker:20180330004237j:plain

Steam:Getting Over It with Bennett Foddy

ホラーもこの壺のおっさんを山登りさせるゲームもメンタルが強い人間じゃないと厳しいですね、心折れて進めなくなったorやりたくなくなった場合どうするかみたいなのも考えておきたいですね。

逆に避けた方がいいと思われるゲームは「ルールが複雑で初見の人が分かりにくいゲーム」でしょうか。

ハースストーンなどのデジタルカードゲームやLoLなどのMOBA系、システムが複雑なタイプの格闘ゲームなんかも避けた方が賢明でしょう。

ですが、重要なのは「プレイヤーが楽しそうにプレイしていること」なところでしょう。

楽しそうにプレイするプレイヤーの姿を見て一緒に一喜一憂する形が理想的だと思います。

 

 

 

・アーカイプの話

f:id:vendettavtlooker:20180330010153p:plain

バーチャルおばあちゃんねる より

www.youtube.com

先に結論を短く明確に言うと

月ノ美兎のスタイルを真似しろ

ってことでしょうかね。

アーカイプ丸上げはすぐに上げられるので見逃した人はありがたいとは思いますが、興味を持ってチャンネルを覗きに来た新規の方には長いアーカイプはやはり抵抗があります。

その点を見ると月ノ美兎ちゃんの取れ高のある部分を抽出したアーカイプを上げる、ある程度溜まったら「10分で分かる月ノ美兎」としてまとめ動画を上げる。

新規の方がどこから切っても楽しめるっていうのはかなり重要な要素ではないでしょうか。

今の月ノ美兎ちゃんの人気の理由が一つがこれだと私は思います。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

個人の方が生放送主体で活動していくのは飽和状態の今はどうしても埋もれがちですが、そんな方に少しでもこの記事が手助けになればいいと思います。

 

以上、ヴェンデッタでした。